education

ビジネス英語の必要性

コミュニケーションを取る為に絶対必要不可欠

日本企業の海外進出の数は、この数年で急激に増加しています。特に東南アジアでの経済成長が著しいこともあり、このエリアの旺盛な消費に着目して進出する企業が増えています。シンガポールでは公用語が英語になっていますが、他の地域ではその国独自の言語を持っています。英語圏以外の国に駐在員として送り込まれる人の数が急増しているのですが、コミュニケーションを取る際にはビジネス英語を駆使して仕事を行っています。現地の言葉を習得するにはある程度の時間が必要になりますし、世界の共通言語であるビジネス英語を活用しなければお互いの理解にズレが生じる可能性もあります。文化も考え方も違う国の人と仕事をする際にはビジネス英語は必要不可欠な要素なのです。

ビジネスシーンで必要な気配りも習得する事

世界で活躍をするビジネスパーソンになりたいと思っているのでしたら、ビジネス英語は必ず習得しなければなりません。現在はビジネス英語はできて当然、もう1か国語か2か国語を習得している人も珍しくはありません。できる限り多くの言語を習得していると、グローバルに展開する企業にとっては非常に魅力的な人材になります。また、語学と同様にワールドスタンダードの常識が求められます。初対面の方との自己紹介の仕方や握手の仕方など、ビジネスシーンで重要になるマナーを身に付ける必要もあります。言葉だけではなく、ビジネスレターの書き方や応答、会食での店選びなどお客様をもてなすための心配りも重要なことになるので、身に付ける必要があります。